戻る


川瀬敏郎 『花をたてる』 刊行のおしらせ 
 




― 撮影から15年を経て、たてるを生きてきた軌跡の一書が、ようやく私の手元から離れる瞬が来ました。 ―

 
 
 
このたび『花をたてる』を、新潮社「青花」編集部より上梓させていただくこととなりました。
『花をたてる』は、いけばなの起源とされてきた「たてはな」の正体と対峙したいという、私の長年の思いが出発点となっています。たてはなは、かたちは単純ですが、宗教と芸能の境目にある、際疾い花です。芸能に傾くと形式へと収斂されてしまい、たてる本質からは遠退きます。私は迷うことなく、芸能の先にある、生命の始源へと通じる花を求めていくようになります。もとより正解などありません。しかしそれは私自身が、「たてるを生きる」ことを意味していました。試行錯誤の連続でしたが、無常の喜びを知った日々でもありました。 
 川瀬敏郎
 



<先行販売のお申込みに関して>
コミュニティクラブたまがわ「川瀬敏郎 花の講座(全クラス)」を今期(2021年)また2年前まで遡り在籍された皆さま、祇園会杉本家花会(2019年6月)にご参加いただいた皆さまへは、案内書類を送付いたしました。『花をたてる』は限定部数のため現在のところ購入できる窓口は川瀬敏郎事務所と新潮社青花の会(会員)の2箇所となります。一般発売は7月下旬より青花の会shopよりお求めいただけます。


先行申込期間: 7月20日迄 
  (※先行申込多数のため、上記期限までに申込および振込をお願いいたします) 
 
 
発送予定: 7月下旬にお届け(7/15までに振り込まれた方) 
  8月上旬以降(7/16~末に振り込まれた方)
 
 
 注意事項: 8月1日以降の申込は川瀬敏郎事務所では受付いたしません。青花よりお求めください。
青花会員の方の花会参加は抽選になる場合がございます。
一般購入者の花会案内はいたしかねます。 


 
 


戻る